独鍵(ドッケン)!+写楽!

基本的には音楽系。一応鍵盤弾きなのでその手の話を。カメラも趣味なので写真も掲載したりします。

<< 2013-10- | ARCHIVE-SELECT | 2013-12- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

JUNO-Gは修理に行きました。

ご無沙汰しております。

監査なら海外研修やらを乗り越えて日々ちょっと(だいぶ)疲労傾向にあります。

ことしの1月頃から液晶画面が不調となっていたJUNO-Gを昨日川崎市内の某楽器店にて修理依頼してきました。

症状は液晶画面の文字がかすんでみえなくなってしまうという致命傷。ライブ中だと今何の音色を選んでいるのかすらわからなくなります。

楽器屋さんでソフトケースにいれたこいつを見せながら修理をお願いしたところ、Rolandの修理工場が液晶不足ですぐに対応できないかも(要するに一度楽器を持ち帰って修理可能な時期に改めて持って行く)と。

そこを何とかひとつ!と頼み込み、Rolandに確認してもらいました。ちなみにこの店員さんはRolandのメーカーから配置されている担当者との事。あとで名刺をもらいました。

しばらく待った後に預かりは可能だが修理は年明けになってしまうかもと。それでもいいんです。調子の悪い楽器はちゃんとメンテして使える様にしてあげないと。

時間がかかりますけど大丈夫ですか?と店員さんに聞かれた為、JUNO-STAGEもあるし他にもあるので平気ですと伝えて(さりげなくRolandフリークをアピール)伝票を記入。

書いている途中にもD−5から始まってJV−80からXP−60になりこのJUNOかあ(実際はコルグの製品やYAMAHAの製品もあれこれ買ったり売ったりしていましたが)とRolandフリークぶりをさらに語ってしまいました。

この店員さん、同い年くらいに見えましたが実は若かった様でDシリーズはリアルタイムでは触った事ないですねえ〜と。

まあね。そりゃ一応80年代のシンセですからね。

でも久しぶりにシンセサイザーって内容の会話は楽しかった!

学生時代はそのネタだけで朝まで行けたんだけどねえ。。。

てなわけで修理から戻るまではリハもJUNO-STAGEってことになりますね。

少々重いので腰に気をつけないと┗( ̄Д ̄;)┛
スポンサーサイト

| つぶやき | 01:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。