独鍵(ドッケン)!+写楽!

基本的には音楽系。一応鍵盤弾きなのでその手の話を。カメラも趣味なので写真も掲載したりします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

パネル。

最近買った鍵盤のパネル。



小さい写真だとわかりにくいので大きい写真。


音色が超限られています
ピアノ、ローズピアノ、クラビネット、オルガン、ストリングス、シンセブラスの6種類
一応それぞれ6パターンつまみでセレクトできますがそれでも最大36音色。

JUNO-Gは音源ボードも積んでるので多分1000音色位あるかと。それに比べると格段に少ない。

でも出音が違う。鍵盤のタッチも違う。

もっとたまらないのがこのパネル

かつてのアナログシンセの様につまみを回すことで各種設定や音色変化を調整します。
ギターでいうところのコンパクトエフェクターみたいな感覚でしょうか。

以前はデジタルシンセの数値をカチカチいじるのに汗を流して?いましたが歳重ねたせいかそれも面倒で。感覚的につまみを回すと変化が得られるというのは画期的です。

いわゆる”デジアナ”ですね。中身デジタルで外見アナログ。
私もそんな人になりたい。かな?

スポンサーサイト

| 音楽+写真 | 18:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Unknown

テイルピース様
まさにそのとーりだと思います。数値を変えるボタンをいくつも押して、試して別のパラメーター画面にして・・・もはやそんな時間は無い!と言いたくなりますよね。
ツマミくるくるすれば直感的に変化が把握できるってのは効率的ですよね。

| tadasin | 2010/10/06 18:27 | URL | >> EDIT

Unknown

ジェラスガイ様
昔はあれこれ試して音作りなんかもしてましたが最近は忙しくて(面倒で)ピアノとかオルガン位しか弾いてないですね。基本的な36音色もあれば十分になってます(笑)

| tadasin | 2010/10/06 18:23 | URL | >> EDIT

デジアナ

わかります。
マルチエフェクターなんかでもそうなんですよね。
うちで使っているアンプシュミレーターのPODなんてデジタルの最たるものですが、操作はアナログそのものです。
それに対してBOSSのGT-3というマルチはメニュー呼び出してジョグダイヤルで設定。はっきり言って面倒くさい。
ヒューマンインターフェースはアナログが一番です。

| テイルピース | 2010/10/06 11:09 | URL | >> EDIT

Unknown

1000音色もあると全部試し弾きするのも大変ですよね^^
それであの音はどれだっけなんて迷子になったりして。。
36でも基本おさえてあれば十分ですよね!?

| ジェラスガイ | 2010/10/05 20:37 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tadasin705.blog.fc2.com/tb.php/170-5f90aab2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。